こんな居酒屋いかがですか?

外国人にも会社員にも大人気

観光地の居酒屋にはちょっと不思議な光景が見られます。
外国人客も多いからなのでしょうが、和食の居酒屋で外国人がお刺身などをオーダーして、板わさを食べ、枝豆で盛り上がっています。
日本の居酒屋のようなお店が海外では少ないようで、特に欧米の人が喜んで居酒屋に来ています。
オーダーするのも写真入りのメニューが分かりやすいそうで、写真で決めているところがあるようですが、外国の人に喜ばれているのを見ると少し嬉しかったりします。
外国人の観光客の中で評判が広がって、繁盛する和食の居酒屋もあるようです。
日本に来ても自分たちの文化や慣習を優先させる外国人の方が昔は多かったように思いますが、最近は日本に来たから日本の文化や慣習、食を楽しもうという外国の方が増えてきているように思います。
このように少しずつ日本食が海外に広まっていくと、日本人ももっと海外に行きやすくなるのではないかと思います。
その国での楽しみ方が変わってきているのは良いことでしょう。
夜にたくさんのお客さんで賑わっている居酒屋は、短い時間ですが昼も営業しているところがあります。
近隣にたくさんの会社があり、お昼時はどこのお店もいっぱいになってしまいます。
お店探しに時間がかかってしまい、ゆっくり食事をする時間がとれないのでコンビニでお弁当を買って、近くのベンチでランチをしている会社員やOLもたくさんいます。
そこに目をつけたのか、夜に営業をしている居酒屋がランチタイムの11時から14時頃までを営業にして、安いランチを提供しています。
これは宣伝も兼ねているようです。
昼に安いランチ、500円が基準のようです。
高くても700円まででランチを食べることが出来ます。
これの価格は会社員にとってかなり嬉しい設定ではないでしょうか。
しかもボリュームがあるので若い男性でも十分な量です。
野菜もたっぷり付いていて体に良さそうな配慮も嬉しいところ。
お昼に美味しいランチを食べることが出来ると、今度は夜にも来てみようと思うもののようです。
しかも同じ会社の人とランチに行っていますから、夜も気軽に同僚と立ち寄ることが出来ます。
会社の近くであれば誘いやすさもあるのでしょう。
昼にランチを食べた居酒屋で、今度は退社後に晩ご飯を食べに寄る。
金額も予測がつくのでお財布の負担も軽くて済みます。
立ち寄る回数が増えると、人は益々足が向くようになるもののようです。
昼に安いランチを提供することで、夜の集客も増やすという良い考えだと思います。
昼は会社員が中心、夜は外国人と会社員が多い和食の居酒屋、ちょっと気になるのではないでしょうか。

おすすめサイト



Copyright(c) 2018 こんな居酒屋いかがですか? All Rights Reserved.